自家製オリーブの塩漬け

ちょっと実家へ出かけました。

頼まれていた用事を片付けながら、、、

どんなことか紹介すると、
木桶の風呂を見つけることと自分のフランス旅行に持っていく羽織を受け取りにいくことでした。

木の風呂というのはぼくの実家でずっと愛用しているのです。
何度も買い替えながらずっと木の風呂を使っています。
今回、なんと使用中の特注の大きな風呂桶がシロアリにやられてしまい、水漏れが始まったため、早く新しい風呂を注文しなければならなくなったのです。

最近はおけ職人が本当に少なくなりました。
ただ、いつかはこういう日がくるものと気にしていましたから、
桶作りの職人の店を見つけると、その店を忘れずに記憶しておくように条件反射?がつきました。

羽織の方はアンティーク着物の大変上等なものが手に入りました。黒の羽二重に桜紋。これならどこにでも着ていけます。額裏は錦糸をふんだんに使った織による日光東照宮の景色です!
これにちょっと上等の羽織ひもをつけて、フランスでお披露目してきましょう。
胡弓を弾いて、、、

実家の一角にお教室の建物を建てて音楽院を経営している弟夫婦が、地元でとれたオリーブの実を、初めて自家製の塩漬けにしてというので、いただいてきました。
それが今晩のすばらしいお酒のあてになりました。

おいしい!

c0095185_23432047.jpg


お気に入りの音楽を聴きながら、、、
ぼくのお気に入りの演奏を聴きながら。
[PR]
by toshimusikk | 2008-10-30 23:46 | 美味しいもの
<< つぎあて うたおう、あなたのため >>